弁護士以外の専門家との違い

1 弁護士、司法書士、行政書士との違い

弁護士は、相手方との交渉、調停、裁判等全ての手続に関与し、その全ての手続について、依頼者の代理人となって活動します。
弁護士は、法律専門家としての知見を駆使し、依頼者に代わって、依頼者利益の獲得に向けた裁判内外の代理活動を行います。

行政書士は、役所に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成等を主たる業務とする国家資格であり、書面の作成及び提出手続きの代理業務が主な職務といえます。
したがって、行政書士は、依頼者の代理人として、相手方と交渉することや、調停及び裁判をすることはできません。

司法書士は、登記・供託手続き、裁判所・法務局・検察庁等に提出する書類の作成等を主たる業務とする国家資格ですが、法務大臣の認定を受けた司法書士については、簡易裁判所における訴額140万円以下の訴訟、民事調停、仲裁事件、裁判外和解等の代理業務を行うことができます。
したがって、司法書士は、請求金額が140万円以下の裁判であれば、依頼者の代理人として活動することができます。
しかしながら、司法書士は、離婚調停のような手続きには、依頼者の代理人となることはできません。
 

2 男女トラブルは弁護士に依頼

弁護士は、相手方との交渉、調停、裁判等全ての手続において、依頼者の代理人として活動しますので、依頼者の方にかかる負担を大幅に軽減したうえで、事件を進めていくことができます。

また、弁護士は、法律専門職として高度な専門的知見を有しており、調停・裁判手続に精通しているうえ、同種事案における相当数の実績を有しているため、ご依頼者様の利益を最大化する専門的能力を有しています。

特に当事務所は、受任初期から、調停、裁判をも見据えた代理活動を行いますので、依頼者利益の最大化を実現しています。
 

3 費用について

司法書士や行政書士に頼んだ方が、費用は安く済むのではないかという声を聞くことがあります。
上記で説明したように、弁護士と、司法書士や行政書士とは、業務内容や範囲等が異なりますので、単純に料金を比較することができません。

司法書士や行政書士は、書面の作成業務等を行うのに対し、弁護士は、書面の作成はもちろんのことですが、交渉そして調停・裁判業務まで、代理人としての一切の活動を行います。
こうした業務内容、範囲だけをとらえても、その役割・機能は大きく違いますので、費用が違ってくるのも当然といえるでしょう。

また、少なくとも当事務所は、上記で述べたように、依頼者利益の最大化を実現するという確固たる理念と専門的能力を有しているものと自負しています。
私たちは、男女トラブル案件のプロです。
仕事の対価を取得することはプロとして当然ともいえますが、なにより対価にふさわしい仕事をすることに、プロとしての誇りを持っています。

かけがえのない生活が損なわれてしまった方だからこそ、男女トラブル案件に精通したプロに依頼し、少しでもより良い結果を得ていただきたいと願っています。

 

無料相談・お問い合わせ
Copyright(c) 2015 虎ノ門法律経済事務所 All Rights Reserved.