配偶者に不倫・浮気をされた方へ

 1 不倫(浮気)を知ったときには

配偶者に不倫・浮気をされた配偶者の不倫(浮気)を知ったとき、不倫(浮気)の責任をとって欲しい、傷つけられた気持ちを何とかして欲しいと思われるでしょう。

しかし、他方で、不倫(浮気)の相手方とは直接話したくない、子供のことが気がかりだということもあるかと思います。
 

2 不倫(浮気)相手に対する損害賠償(慰謝料)請求

夫や妻の不倫(浮気)が発覚した場合、まず動き出せる法的措置は、不倫(浮気)相手に対する損害賠償(慰謝料)請求です。
不倫(浮気)相手に対する損害賠償(慰謝料)請求であれば、相手方とするのは不倫(浮気)相手です。
したがって、離婚等とは異なり、ご自身の生活に大幅に影響を与えるものではありません。

また、将来の離婚を考えている場合でも、不倫(浮気)相手との交渉中に、不倫(浮気)相手が不倫(浮気)の事実を認めるかもしれません。
不倫(浮気)相手が、不倫(浮気)の事実を認めたことは、将来離婚を請求する際には、重要な証拠となります。

このように、夫や妻の不倫(浮気)が発覚した場合には、まず不倫(浮気)相手に損害賠償(慰謝料)を請求するのが一般的です。

もし、不倫(浮気)相手が、慰謝料を支払わないなどと言っている場合には、弁護士名義の内容証明郵便を送付して、正式に損害賠償(慰謝料)を請求するという手段もあります。

不倫(浮気)相手に対して、正式に損害賠償(慰謝料)を請求する際には、当事務所にお気軽にご相談ください。
 

3 配偶者との離婚

夫や妻が不倫(浮気)を行ったことは、「配偶者に不貞な行為があったとき」(民法770条)に該当しますので、離婚原因となります。
したがって、不倫(浮気)をされた方が離婚を望むのであれば、配偶者と離婚することができます。

離婚する際には、離婚について合意するだけではなく、財産分与や慰謝料についても決める必要がありますし、お子さんがいらっしゃる場合には、養育費や親権等についても取り決める必要があります。

また、夫や妻が、不倫(浮気)を認めず、離婚を拒否する場合には、裁判で不倫(浮気)を立証するために、不倫(浮気)の証拠を収集する必要があります。

当事務所では、離婚手続についてはもちろんのこと、不倫(浮気)の証拠を収集する方法までアドバイスさせていただきます。
配偶者との離婚をお考えの際には、お早めに、当事務所にご相談ください。
 

4 内縁の夫、内縁の妻の方へ

実質的な夫婦として長年共同生活を営んでいるものの、婚姻の届出を行っていない場合には、内縁関係が成立しているといえます。

内縁関係にある方でも、内縁の夫・内縁の妻が不倫(浮気)をした場合には、不倫(浮気)相手に対して、損害賠償(慰謝料)を請求できる可能性があります。
内縁の夫・妻に対して損害賠償(慰謝料)を請求する事案では、そもそも内縁の成立が争われる場合もあります。

内縁の成立は、法律的な評価を含む問題ですので、内縁の夫・妻に対する損害賠償(慰謝料)をお考えの方は、お気軽に、当事務所にご相談ください。

 

無料相談・お問い合わせ
Copyright(c) 2015 虎ノ門法律経済事務所 All Rights Reserved.