不倫(浮気)の証拠について

不倫(浮気)の証拠について不倫(浮気)相手に損害賠償を請求する場合には、請求する側が、不倫(浮気)の事実を主張する必要があります。
このとき、不倫(浮気)相手が、不倫(浮気)はなかったと主張する場合には、損害賠償を請求する側が、不倫(浮気)の事実を立証する必要があります。

また、配偶者の不倫(浮気)により離婚したい場合には、調停・裁判の場において、不倫(浮気)の事実を主張する必要があります。
このときも、配偶者が不倫(浮気)の事実を否定した場合には、離婚を請求する側が、不倫(浮気)の事実を立証する必要があります。

これら不倫(浮気)の事実については、全て証拠によって立証する必要があります。

法律相談では、「配偶者が不倫(浮気)したことは間違いないが、配偶者はそのことを認めない。不倫(浮気)の決定的な証拠も持っていない。このままでは何も言えないのでしょうか。」といった相談を受けます。

配偶者の不倫(浮気)の決定的な証拠というのは、実はそれほど多くはありません。

しかしながら、配偶者の不倫(浮気)を立証するための証拠の収集については、いくつかの手段があります。
不倫(浮気)を立証するための証拠の一例として、次のようなものが考えられます。
 

・配偶者又は不倫(浮気)相手が、不倫(浮気)を認めた書面

配偶者や不倫(浮気)相手が、不倫(浮気)を認めた書面は、慰謝料請求や離婚請求の場面では、重要な証拠となります。

例えば、不倫(浮気)相手との間で、不倫(浮気)を原因とする損害賠償(慰謝料)請求に関する合意書を作成した場合には、その合意書を、配偶者との離婚訴訟のなかで証拠提出することが考えられます。
 

・興信所の調査報告書

費用はかかりますが、興信所に、不倫(浮気)の調査を依頼することも考えられます。
興信所の調査により、不倫(浮気)の証拠となる写真を入手できる場合があります。
 

・配偶者のメール

配偶者と不倫(浮気)相手が、不倫(浮気)があったことを前提とするメールでの会話がなされている場合があります。
このような内容のメールを入手した場合には、不倫(浮気)があった事実の証拠となります。
 

・配偶者、不倫(浮気)相手の発言

配偶者、不倫(浮気)相手が、不倫(浮気)があったことを認める発言、不倫(浮気)があったことを前提とする発言をした場合、その発言を録音することによって、不倫(浮気)の証拠とすることもできます。

 
このように、不倫(浮気)の立証に必要な証拠を収集する手段があります。
現状、決定的な証拠をお持ちでない場合でも、諦めず、まずは当事務所にご相談ください。

 

無料相談・お問い合わせ
Copyright(c) 2015 虎ノ門法律経済事務所 All Rights Reserved.