不倫(浮気)の慰謝料の相場

 1 慰謝料額の相場

不倫(浮気)を原因とする損害賠償(慰謝料)の金額は、ケースバイケースであり、明確に定まっているわけではありません。
損害賠償(慰謝料)の金額は、夫婦の婚姻期間、不倫(浮気)の期間や頻度等具体的事情によって変わってきます。

しかしながら、おおまかにいえば、不倫(浮気)の損害賠償(慰謝料)の金額の相場は、
離婚に至らなかった場合には、50万円~100万円
別居・離婚に至った場合には、100万円~300万円
と言われています。

とはいえ、慰謝料の金額は、次に述べるような種々の具体的事情によって変動します。
具体的な事案における慰謝料額の見通しについては、一度当事務所にご相談いただいたうえで、具体的事情をお聞きし、お答えしたいと思います。
 

2 慰謝料の金額に影響を与える事情

婚姻期間

婚姻期間が長ければ長いほど、不倫(浮気)をされた方の精神的苦痛は増大します。
また、婚姻期間が長ければ長いほど、離婚後の再スタートが困難となります。

したがって、慰謝料の金額は、婚姻期間が長ければ長いほど、高額となる傾向があります。
 

不倫(浮気)の期間、頻度

不倫(浮気)の期間が長ければ長いほど、その頻度が頻繁であればあるほど、不倫浮気)をされた方の精神的苦痛が増大することから、慰謝料の金額が高額となる傾向があります。
 

不倫(浮気)が発覚する前の婚姻状況

不倫(浮気)が発覚する前、婚姻関係は円満だったか、それとも婚姻関係は破綻寸前であったかという事情は、慰謝料の金額に影響を与えます。

不倫(浮気)が発覚する前、婚姻関係が円満であった場合には、不倫(浮気)によって、円満な婚姻関係が破壊されたことになりますので、不倫(浮気)された方の精神的苦痛は増大することから、慰謝料の金額が高額となる傾向があります。
 

精神的苦痛

慰謝料とは、不倫(浮気)された方の精神的苦痛を填補するものですので、不倫(浮気)によって傷ついたという主張だけではなく、不倫(浮気)が原因でうつ病になり、それを裏付ける診断書等の証拠がある場合には、慰謝料の金額が高額となる可能性があります。
 

不倫(浮気)相手の認識、意図、態度

・不倫(浮気)相手が、既婚者と交際していることを認識していただけではなく、積極的に家庭を破壊する意図を有していた場合

・以前不倫(浮気)が発覚しており、そのときに今後不倫(浮気)はしない旨誓約していたにもかかわらず、再び不倫(浮気)に及んだ場合

・不倫(浮気)が発覚した後、理由もないのに、不倫(浮気)の事実を否認し続けていた場合

このような場合には、行為の悪質性・反省していないこと等の事情から、慰謝料の金額が高額となる傾向があります。
 

不倫(浮気)相手の社会的地位、収入、資産

不倫(浮気)相手の社会的地位が高く、高収入である場合には、慰謝料の金額が高額となる可能性があります。
 

不倫(浮気)された人の落ち度

夫や妻が不倫(浮気)に及んだ理由の1つが、不倫(浮気)をされた配偶者にもある場合には、その分慰謝料の金額が減額される傾向があります。

例えば、婚姻後性交渉に一度も応じなかった、配偶者を頻繁に家から閉め出していたなどといった事情がある場合には、慰謝料の金額を減額させる事情となるでしょう。

 

無料相談・お問い合わせ
Copyright(c) 2015 虎ノ門法律経済事務所 All Rights Reserved.