不倫(浮気)の慰謝料請求について

 

1 不倫(浮気)相手に、損害賠償(慰謝料)を請求する

夫や妻が不倫(浮気)をしていた場合、その不倫(浮気)相手には、損害賠償(慰謝料)を請求することができます。

相手が損害賠償(慰謝料)請求に応じない場合でも、弁護士名義の内容証明郵便を送付することで、状況は変わる可能性がありますし、それでも交渉に応じない場合には、訴訟を提起することが考えられます。

また、不倫(浮気)相手と、損害賠償(慰謝料)に関する交渉をしている中で、不倫(浮気)相手が、あなたの夫や妻と不倫(浮気)していたことを認めるかもしれません。
これは、あなたが離婚を考える際には、離婚原因が存在することの重要な証拠になります。

当事務所では、同種事案を多く取り扱っておりますので、手元に不倫(浮気)の証拠がない場合の証拠収集等、将来の離婚も視野に入れた、戦略的な交渉・訴訟をご提案できます。
また、弁護士に依頼することによって、ご依頼者様が不倫(浮気)相手と直接話すことのないまま、事件を進めていくこともできます。

不倫(浮気)相手に損害賠償(慰謝料)を請求する場合には、お早めに、当事務所にご相談ください。
 

2 損害賠償(慰謝料)を請求された場合

既婚者とは知らなかった異性と交際していたにもかかわらず、交際相手の配偶者から内容証明郵便が届き、損害賠償(慰謝料)を請求されることがあります。

また、交際相手が既婚者だと知っていた場合でも、
・既婚者とは知っていたが、相手方の婚姻関係は破綻していると聞いていた。
・反省しているが、慰謝料の金額が高すぎる。
・相談に乗ってもらっていただけで、肉体関係はない。
・しつこく迫られたので、仕方なく交際しただけ。
等の言い分があるかと思います。

もし、交際相手が既婚者とは知らなかった場合には、不法行為は成立しませんので、損害賠償(慰謝料)請求に応じる必要はありません。
また、交際相手が既婚者と知っていた場合でも、交際相手の婚姻関係が破たんしていた場合には、不法行為は成立しません。
さらに、不法行為が成立する場合でも、具体的事情によって、慰謝料の金額を大幅に減額することもできます。

当事務所が依頼をお受けした場合には、ご依頼者様の代理人として、ご依頼者様の言い分を、交渉・裁判の場で粘り強く主張していきます。
損害賠償(慰謝料)を請求された場合には、お気軽に、当事務所にご相談ください。

 

無料相談・お問い合わせ
Copyright(c) 2015 虎ノ門法律経済事務所 All Rights Reserved.