養育費は,いつまで払い続ければ良いの?

2015-07-15

名古屋市天白区の離婚事件 

名古屋市在住のWさんは,名古屋市天白区で妻と生活していましたが,性格の不一致により,離婚するに至りました。

Wさんは,離婚後,子の養育費を支払っていましたが,元妻は,子が大学に進学するので,子が成人後も大学卒業までは養育費を支払って欲しいと言ってきました。

Wさんは,養育費は子が成人するまでと思っていたのですが,子が成人した以降も養育費を支払わなければならないのか確認するため,弁護士事務所無料法律相談に行きました。

 

養育費とは

養育費とは,子の監護に要する費用の分担として,未成熟子の養育に要する費用のことをいいます。

これは,非監護者が,自分の生活を保持するのと同程度の生活を被扶養者にも保持させる義務であると考えられています。

具体的には,子の通常の衣食住の費用,教育費,医療費などがあります。

 

養育費はいつまで支払うことになるの

家庭裁判所の実務では,養育費は,原則として,未成熟子を20歳未満の子としています。

ただし,20歳未満であっても現に稼働して経済的に自立し,又はそれが期待できる者は,未成熟子からは除かれます。

他方,成年に達していても,大学又は専門学校など高校卒業後も高等教育を受けている場合には,扶養義務者の資力,学歴などの家庭環境を考慮し,その環境で大学進学が通常と解される場合や病気療養中の場合などは実体上未成熟子と判断されることが多いです。

Copyright(c) 2015 虎ノ門法律経済事務所 All Rights Reserved.