長期間別居した場合には,離婚事由が認められるの?

2015-07-22

名古屋市千種区の離婚事件       

名古屋市在住のYさんは,名古屋市千種区で夫と生活していましたが,ある日,夫が家を出て行ってしまいました。

Yさんは,夫が帰ってくると信じて待っていましたが,夫はついには戻ってきませんでした。

このような状況のもと,Yさんは,ついに夫との離婚を考えるようになりました。

Yさんは,このような場合に離婚できるのか尋ねるため,弁護士事務所の無料法律相談に行きました。

 

悪意の遺棄に該当しえます。

前回のコラムに述べたとおり,正当な理由のない同居協力扶助義務の放棄は,悪意の遺棄として,離婚事由に該当しえます。

 

婚姻を継続し難い重大な事由とは?

また,悪意の遺棄が認められない場合でも,婚姻を継続し難い重大な事由が認められる場合があります。

婚姻を継続し難い重大な事由とは,婚姻関係が深刻に破たんし,婚姻の本質に応じた共同生活の回復の見込みがないことを言います。

婚姻を継続し難い重大な事由があるか否かは,婚姻中における両当事者の行為や態度,婚姻継続意思の有無,子の有無・状態,双方の年齢・性格・健康状態・経歴・職業・資産状態など,当該婚姻関係にあらわれた一切の事情が考慮されることになります。

Yさんの場合でも,悪意の遺棄が認められる可能性もあるかと思いますが,婚姻を継続し難い重大な事由があるとして,離婚が認められる場合もあります。

 

Copyright(c) 2015 虎ノ門法律経済事務所 All Rights Reserved.