債務の負担を命じる財産分与は認められる?

2015-04-09

名古屋市昭和区の離婚事件

名古屋市在住のNさんは,名古屋市昭和区で妻と生活していましたが,性格の不一致により,現在,離婚協議を進めています。

Nさん夫婦には,プラスの財産はほとんどなく,借金しかありません。

なお,これら借金は,全てNさんが債務者となっています。

Nさんは,妻に対して,債務を負担させるような財産分与ができるか尋ねるため,

弁護士事務所の無料相談に行きました。

 

問題となるケース

夫婦のプラスの財産よりも,借金などのマイナスの財産の方が多い場合があります。

また,夫婦の財産としては,借金などのマイナスの財産しかない場合もあります。

このような場合に,債務者となっている配偶者は,財産分与として,他方配偶者に債務を負担させるような財産分与をすることができるでしょうか。

 

債務の負担を命じる財産分与は多くありません。

仮に,夫婦間の契約によって,他方配偶者が債務を負担する形で財産分与したとしても,債権者の同意が得られるとは限りませんから,免責的債務引受をすることはできません。

したがって,他方配偶者が債務を負担するとしても,併存的債務引受等の手段によることになります。

しかしながら,このような場合には,債権者は,もともとの債務者に対して支払いを請求することができます。また,他方配偶者が全てを弁済するまでは,もともとの債務者は,いつ支払いを請求されるか分からない不安定な地位に置かれることになります。

したがって,債務の負担を命じることが,財産分与の方法として適切なのかという問題が生じます。

このような観点から,裁判においては,債務の負担を命じる財産分与には,消極的です。

Copyright(c) 2015 虎ノ門法律経済事務所 All Rights Reserved.