住宅ローンは,財産分与の際に考慮されるの?

2015-07-31

名古屋市瑞穂区の離婚事件

名古屋市在住のCさんは,名古屋市瑞穂区で妻と生活していましたが,現在,離婚協議を進めています。

Cさんは,妻より,財産分与を請求されています。

Cさんは,財産分与の際には,自宅を購入するための住宅ローンや,子供のための教育ローンについても考慮して欲しいと主張しています。

しかし,Cさんは,妻からは,財産分与のときには債務は考慮されないと反論されています。

Cさんは,財産分与の際に債務は考慮されるか確認するため,弁護士事務所の無料法律相談に行きました。

 

住宅ローンは,財産分与の際に考慮されます。

住宅ローンは,住宅という財産を取得するために生じたものであり,その対価です。

したがって,住宅を財産分与の対象とする以上,住宅ローンも財産分与の際には考慮されることになります。

住宅のためでなくても,投資用財産等何らかの財産を取得するために融資を受けた場合には,そのために負った債務も当然に考慮されることになります。

 

教育ローンも,財産分与の際に考慮されます。

住宅ローンではなくても,婚姻生活を維持するために生じた債務も,財産分与の際に考慮されます。

生活費を補うための借金や,子の教育資金を捻出するための教育ローンを借りた場合などは,財産分与の際に考慮されることになるでしょう。

Copyright(c) 2015 虎ノ門法律経済事務所 All Rights Reserved.