扶養的財産分与とは?

2015-04-11

名古屋市中区の離婚事件

名古屋市在住のPさんは,名古屋市中区で妻と生活していましたが,夫の浮気が原因で,現在,離婚協議を進めています。

Pさんは,長年主婦であったことから,再就職して自活するまでに,時間がかかりそうです。

Pさんは,離婚について調べていた結果,離婚後に生活が困難な配偶者のために,扶養的財産分与という制度があることを発見しました。

Pさんは,扶養的財産分与について詳しく知るため,弁護士事務所の無料相談に行きました。

 

扶養的財産分与とは?

扶養的財産分与とは,離婚後の扶養という観点から決められる財産分与のことをいいます。

扶養的財産分与は,裁判実務上,補充的に命じられることがあるものです。

扶養的財産分与は,裁判時を基準として,その時点の双方の資産,負債,稼働能力を比較し,申立人の扶養の必要性と,相手方の扶養能力を検討することによって,算出されることになります。

 

扶養的財産分与の具体的な金額とは?

扶養的財産分与の金額は,公的扶助,親族からの援助も全て考慮し,申立人が生計を維持できる程度の金額となります。

したがって,通常,扶養的財産分与の金額は,婚姻費用の金額よりも低くなります。

扶養的財産分与の期間は,一般的には,自活できるまでの期間をもとに,算定されることになります。

扶養的財産分与の支払方法は,原則としては一括払いですが,相手方の資産状況によって,定期金払いとなることもあります。

Copyright(c) 2015 虎ノ門法律経済事務所 All Rights Reserved.