不動産は,どのように財産分与されるの?

2015-03-31

名古屋市西区の離婚事件

名古屋市在住のFさんは,名古屋市西区で妻と生活していましたが,性格の不一致により,現在,離婚協議を進めています。

Fさん夫婦は,婚姻後,住居として使用するマンションを買いましたが,Fさんは,離婚後もこのマンションに住み続けることになっています。

Fさんは,このような場合に,マンションをどのように財産分与すれば良いのか相談するために,弁護士事務所の無料相談に行きました。

 

財産分与の方法

婚姻後に取得して別居時に存在していた不動産は,財産分与の対象財産となります。

Fさんのような場合には,Fさんがマンションを取得することになりますので,マンションの価値の2分の1相当の金銭を妻に分与することが考えられます。

では,マンションの価値は,どのように算定されるのでしょうか。

 

不動産の評価方法

不動産の価値は,できるだけ新しい評価書に基づいて算定されることになります。

鑑定には費用がかかることから,不動産業者の査定書を利用する場合もあります。

別居後,口頭弁論終結時までに売却されていた場合には,実際に売却された代金額で算定されることになります。この場合には,売却に要した手数料を控除することもあります。

別居後も,そのまま不動産を保有し続ける場合には,不動産の価値は,単純な査定額とすることが多いようです。

Copyright(c) 2015 虎ノ門法律経済事務所 All Rights Reserved.