親権者は,どういった要素から判断されるの?

2015-06-09

名古屋市南区の離婚事件     

名古屋市在住のLさんは,名古屋市南区で妻と生活していましたが,現在,離婚協議を進めています。

Lさんと妻の間では,現在,親権者について争いがあり,今後調停が起こるかもしれないと考えています。

Lさんは,親権者に争いがある場合には,どのような要素が考慮されて判断されるのか確かめるため,弁護士事務所の無料相談に行きました。

 

大切なことは,子の利益と子の福祉です。

親権者の決定において,大切なことは,子の利益となるか,子の福祉に適うかです。

したがって,調停の場面では,父母のいずれを親権者とするのが,子の利益子の福祉に適うかによって,判断されることになります。

 

具体的に考慮される要素とは?

一般的に言えば,父母側の事情としては,監護能力,精神的・経済的家庭環境,居住環境,教育環境,子に対する愛情の度合,従来の監護状況,実家の資産,親族の援助が考慮されます。

また,子の側の事情としては,年齢,性別,心身の発育状況,環境への適応状況,環境の変化の適応性,子の意思,父母及び親族との情緒的結びつきなどが考慮されることになります。

なお,親権者の決定の際には,離婚の有責性については,あまり重要視されないという傾向があるとも言われています。

Copyright(c) 2015 虎ノ門法律経済事務所 All Rights Reserved.