一方的に内縁を解消された場合,損害賠償は認められるの?

2015-08-11

名古屋市中区の損害賠償請求事件

名古屋市中区在住のGさんは,交際している男性と,結婚はしていませんでしたが,長期間同居し,事実上の夫婦として生活していました。

ところが,Gさんは,男性から突然,一方的に内縁解消されてしまいました。

Gさんは,内縁関係を一方的に解消されたことを原因として,男性に対する損害賠償請求を考えています。

Gさんは,今後の進め方について相談するため,弁護士事務所の無料法律相談に行きました。

 

内縁とは

内縁関係を一方的に解消された場合には,相手方に対して,損害賠償を請求することができます。

ただし,この場合には,相手方から,内縁関係の成立自体を争われる可能性があります。

ここで内縁関係とは,婚姻意思があり,夫婦共同生活の実体があるものをいいます。

 

婚姻意思とは

婚姻意思とは,社会通念上の夫婦になる意思のことをいいます。

婚姻意思とは,婚姻の届出意思ではありません。

したがって,男性が婚姻の届出自体を拒んでいた場合でも,婚姻意思は認められることになります。

また,婚姻意思は,実際の裁判では,住民票で同一世帯となっていたり,ある程度の期間共同生活が継続した場合に,認められることになるでしょう。

Copyright(c) 2015 虎ノ門法律経済事務所 All Rights Reserved.