Archive for the ‘婚約’ Category

婚約を破棄された場合,結納金は返還しなければいけないの?

2015-08-07

名古屋市東区の損害賠償請求事件

名古屋市東区在住のFさんは,男性からのプロポーズを受けて婚約しましたが,突然,婚約を破棄されてしまいました。

Fさんは,突然の婚約破棄により,精神的苦痛を被ったとして,相手男性に対して,損害賠償請求を検討しています。

ところが,Fさんは,相手男性より,婚約を解消したことを理由に,結納金の返還を求められています。

Fさんは,婚約破棄されたうえ,結納金を返還しなければならないのか確かめるため,弁護士事務所の無料法律相談に行きました。

 

結納とは

婚約が調ったときには,婚約のしるし,又は婚姻が成立することを願って,結納が交わされることがあります。

結納は,婚約の成立を確証し,あわせて,婚姻が成立した場合に当事者ないし当事者両家間の情宜を厚くする目的で授与される一種の贈与,と言われています。

したがって,婚姻が成立しなかった場合には,婚姻の目的が達成しなかったわけですから,授与者は,結納金の返還を求めることができます。

 

結納金の返還が認められない場合もあります。

ただし,婚約を一方的に破棄しておきながら,そのうえ結納金の返還を請求できるというのでは,Fさんも納得できないと思います。

この点については,婚約解消について責任のある者は,信義則上,結納金の返還を請求することができないとした裁判例もあります。

婚約破棄を原因とする損害賠償は,どんな場合に認められるの?

2015-08-05

名古屋市北区の損害賠償請求事件

名古屋市北区在住のEさんは,男性からのプロポーズを受けて婚約をしましたが,突然,婚約破棄されてしまいました。

Eさんは,結婚式の準備を進めていましたし,結婚後の新居の準備も進めていたのに,突然婚約破棄され,傷ついています。

Eさんは,相手の男性に対して,法的に何か請求できないか相談するため,弁護士事務所の無料法律相談に行きました。

 

正当な理由なく婚約を履行しない者に対しては,損害賠償請求が認められます。

正当な理由なく婚約を履行しない者に対しては,債務不履行を理由として,あるいは婚約者としての地位を侵害した不法行為として,損害賠償を請求することができます。

正当な理由があるか否かは,一般的には,性格の不一致,容姿に対する不満,年回り,親の反対では不十分といわれています

 

相手方の責任で婚約を解消せざるを得なかった場合

相手方の責任で,婚約を解消せざるを得なかった場合でも,解消した側が相手方に対して損害賠償を請求できる可能性があります。

婚約解消の責任は,婚約によって形成された関係,婚約に至った双方の行為態様,婚約成立時の事情などを総合的に考慮して判断されます。

婚約を破棄された場合には,損害賠償を請求できるの?

2015-08-03

名古屋市南区の損害賠償請求事件

名古屋市南区在住のDさんは,男性からのプロポーズを受けて婚約をしましたが,突然,婚約破棄されてしまいました。

Dさんは,結婚式の準備を進めていましたし,結婚後の新居の準備も進めていたのに,突然婚約破棄され,傷ついています。

Dさんは,相手の男性に対して,法的に何か請求できないか相談するため,弁護士事務所の無料法律相談に行きました。

 

婚約を破棄された場合には,損害賠償を請求できる可能性があります。

婚約により,婚約当事者は,結婚を期待し,それに向けた準備を進めます。

それにもかかわらず,一方的に婚約破棄されると,精神的に傷つきますし,それだけではなく,結婚の準備にかかった費用等の財産的損害も生じます。

このような場合でも,婚姻の本質から見て,婚姻届の提出を強制することはできません。

しかしながら,婚約破棄により生じた損害について,婚約不履行の責任として損害賠償請求が認められる可能性があります。

このとおり,婚約とは,単なるプライベートな合意ではなく,法的な損害賠償責任が生じる法律的な合意であるといえます。

 

婚約とは?

婚約とは,男女間に将来結婚しようという合意のことをいいます。

結納や結婚指輪の交換などの儀式は,当事者間の婚姻の意思を外形的に示すものとして,婚約成立を証明する事実となります。

Copyright(c) 2015 虎ノ門法律経済事務所 All Rights Reserved.